トップ / 通所介護施設で働く為の資格

介護デイサービスで働く

通所介護施設で働く為の資格

介護には資格保有者が有利

介護の現場では、資格がないとできないことばかりだということはよく言われています。しかし、特に通常の介護職員の場合には、採用されるだけであれば無資格でも問題ない場合が多く、実際に募集時に資格の有無を問わない場合も多くなっています。

ですが、やはり介護の仕事を行う上で無資格であるという状態は業務を限定してしまうため、同じ条件で資格を持っている方と持っていない方の場合には資格を持っている方の方が有利であるということは事実です。

無資格の方が介護の現場でできる業務は、主に身体介助をともなわない生活援助や、利用者の施設への送迎などの業務、さらに食事介助などが挙げられます。これらに加えて、実は施設内での入浴などに伴う身体介助に関しても、資格がない場合にも行うことができるのです。

しかしながら、基本的なノウハウがない無資格者の介護職員がいきなり身体介助を行うのは至難の業ですから、やはりこれらの業務を行う際には介護職員初任者研修資格(旧ホームヘルパー2級)程度の資格は最低限持っておくべきだと言えるでしょう。

介護職員初任者研修資格とは、介護における最低限の知識や技術、思考プロセスを身に着けるための資格であり、取得するためには都道府県が指定した事業者で130時間の研修を受ける必要があります。

この資格は、実際に無資格で採用された後でも受けることができますので、デイサービスなどの介護施設において無資格で採用された場合には、できれば実際に働く前に研修を受けておいた方が良いでしょう。資格を取得して、基本的なノウハウを得たうえで働きだすのがベストだと言えますね。

Copyright © 通所介護デイサービスとは. All rights reserved.