トップ / 通所介護での仕事とは

介護デイサービスで働く

通所介護での仕事とは

介護デイサービスにおける業務

利用者が送迎車に乗って訪れ、入浴や食事サービスを受けたり、レクリエーションを楽しんだりして過ごすデイサービス。デイサービスにおける介護職員の仕事とは、具体的にいったいどんなものなのでしょうか。

デイサービスの施設には、通常の介護職員以外にも、生活相談員と言われる利用者からの相談に乗る職員や、利用者の歩行訓練やリハビリなどを行う理学療法士や作業療法士、さらに大きなデイサービスでは看護を行う看護職員や、送迎を担当する専門の職員を置いているようなところもあります。

その中でも介護職員は、デイサービスにおける業務の中核を担っており、入浴介助や食事介助、利用者とのレクリエーションの運営や企画、さらにほとんどのデイサービスでは利用者の送迎も請け負っている場合が多くなっています。

このようなデイサービスの業務は、無資格の方であっても行えるものもありますが、やはり資格が全くない方ができる業務というものは限られてしまいます。ですので、実際の現場では介護職員初任者研修資格(旧ホームヘルパー2級)以上の資格が求められるところがほとんどです。

介護職員初任者研修資格は、実際に採用が決まってからでも十分に取得することは可能となっています。実際の現場では無資格の場合にはできないことが多く、現場に出てももどかしい思いをするようなことが多くなってしまいますので、無資格で業界に飛び込んだ方はまずこの介護職員初任者研修資格を取得するようにしましょう。

また、前述したように社会福祉士が行うことの多い生活相談員や理学療法士などの機能訓練員、さらに看護職員としてデイサービスで働くことも可能となっていますので、こういった資格を持っている方はこのような職種で働くのも良いでしょう。

Copyright © 通所介護デイサービスとは. All rights reserved.