トップ

介護デイサービスで働く

通所介護デイサービスとは

夜勤なしで介護の仕事ができる

介護の仕事に興味があるという方は多いと思いますが、多くの方は介護には夜勤があるためにその点がネックになると考えていらっしゃると思います。実際、入所型の施設に関しては介護職員が夜勤を行わなければならないところがほとんどであり、夜勤をしたくないために介護の仕事をしたくてもできないという方も多いでしょう。

介護の仕事に興味はあるけれど、夜勤は避けておきたいという方は、デイサービスの介護職員として働いてみるのがおすすめです。デイサービスとは、在宅で介護を受けている方が日中に通う施設であり、通所介護施設とも呼ばれています。デイサービスの介護求人をお探しの方はこちらの求人サイトをごらんください。

デイサービスの最大の特徴は、施設が日中しか空いていないという点です。日中に普段在宅で介護を受けている高齢者が通うことで、普段は介護を行っている家族が家事を行ったり、リフレッシュして過ごすことができるようになります。

デイサービスは施設への送迎サービスが付属しており、利用者のほとんどは送迎車に乗ってデイサービスと自宅を往復することになります。施設内では食事や入浴のサービスが行われるほか、利用者と職員が一緒に触れ合うレクリエーションなどが行われます。

デイサービスの利用者は要介護1から5に認定されている方になりますが、施設の特性上、あまり要介護度が重い方はデイサービスを利用しない傾向にあります。要介護1や2などの、ある程度身体的な自由がある方が多いため、活気のある施設が多いのも特徴です。

デイサービスは利用者が元気な場合が多いため、職員も身体介助などを行う機会が少なくなっています。ですから、介護の仕事の入り口としても最適な職場であると言えるでしょう。日中しか開いていないため、もちろん夜勤もありません。

Copyright © 通所介護デイサービスとは. All rights reserved.